スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和が風に揺れる夏。

一匹だけいるハエを母がウザイ顔をして見ているので去年買って
きたハエ捕リボンの貴重な在庫の中から一個を取りだし居間の真
ん中に吊るした。昭和の香りを振りまいてベランダから入ってく
る風にゆれるリボン。これはこれで涼しい。
「最近のハエは頭がいいからねえ、」と母が言う。
「ハエも母親から教えてもらってるんだよ、リボンにくっついた
ら死ぬから気をつけな!って。」たしかになかなかリボンにとま
らない。このハエ、学習能力の高い秀才だ。

そんなことも忘れてむにゃむにゃ言いながら母はソファーに座っ
たまま居眠りしている。腰痛さえなければもっとやさしい顔で居
眠りするのだろうが寝ていても顔が歪むほど母は腰痛に悩まされ
ている。働きっぱなしの人生だったからなあ、、、そう思うと切
ない。そんなことを思いながら母の寝顔を眺めていた。
その時!さっきのハエが母のオデコにとまったのだ。母は相変わ
らずむにゃむにゃ言っている。ハエはオデコから鼻のてっぺんに
移動し、またオデコまで引き返した。
チャンス!
ぼくはテーブルの上にあった新聞紙をまるめて母のオデコで遊ん
でいるハエをぷったたいてやった。母は鳩が豆鉄砲を食らったよ
うな顔をしてムッと起き上がり「な、なにするんだ!」と、ぼく
をにらんでいる。
「デコにとまったから退治してやったよ、ハエ。」
ハエは床の上に転がっていたがまだ生きていた。おそらくぼくの
一撃で脳挫傷、もしくは内臓破裂の重症を負っているはずだ。内
心、悪いことをしてしまったなと少しうちひしがれていると、母
はティッシュでハエをつかみ、さっさとトイレに流しに行った。

夕方、母はソーメンをすすりながら<水戸黄門>を観ていた。
「何度みてもこの、ははぁ~とひれ伏すところがたまんないねぇ
~!ざまあみれ!」と喜ぶ母。やはり、母の笑う顔がいい。

西陽の当たるベランダから少し風が吹いている。気持ちよさげに
ハエ捕りリボンが揺れていた。昭和の香り。まだ若かった母。野
球帽をかぶった少年。

長生きしてや、母さん、、、
ぼくたちは今、昭和の夏を眺めている。


HOBO

コメント

こんにちは
お母様のおでこ、大丈夫だったかなあ。

ところで、わたし、ハエ生け捕りの特技があるんです。
もしよろしかったら、こちらを↓
http://suzuran0228.blog35.fc2.com/blog-entry-551.html

笑わないでくださいね
  • 2014-08-25│13:22 |
  • Lily姫 URL│
  • [edit]
Lily姫さんへ
こんにちは!
さっそく拝見しましたよ!まあ、生かして捕ることもないとは思いますが参考になる捕獲方法をありがとうございます。
最近はハエが少なくなりましたねえ。母は大丈夫です。笑

  • 2014-08-25│17:34 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-08-25│23:33 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。