スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庶民の椅子。

松本市に<中町>という昔ながらの古い建物がならぶ商店街があ
り、そこの通りを少し入ったあたりに<まるも>はあった。<ま
るも>は歴史のある喫茶店で、内装、家具のすべてを、松本民芸
家具の創始者である池田三四郎氏がプロデュースしたというのだ
から行かずにはいられない。

キャプテンウィンザーやボウバックスタイルの椅子、シェーカー
タイプのものまで、たくさん。どれも使いこまれた椅子やテーブ
ルばかりで、本人たちもとても気持ちよさそうに息をしている。
傷つき、剥がれ落ち、ありのままの姿で生きていた。時を重ね育
つというのはこういうことなんだと、いまあらためて想う松本中
町の朝である。

浜松のピアノ工場でもそうだったが、せっかく傷つき色褪せ、さ
あ、これからだ!というときにピアノを手放してしまう人が多い
ときいた。業者は安く買い取ったピアノをピカピカに塗り直し、
最低限(笑)の整備、調整をしてショールームに並べる。いわゆる
リニューアルピアノである。とにかく日本人はピカピカツルツル
じゃないとダメらしく、すこしでも傷がついていたりするとクレ
ームの嵐。「塗り直しすることもよくあるんですよ」と、嘆くピ
アノ屋さん。古くなると捨ててしまう。そしてまた新しいものを
買えばいい、そんな考え方はピアノだけじゃない。クルマ、洋服
、カメラ、靴やバッグだってそう、タレントだって古くなると捨
てられる。ホンモノを見る目がないから心が移ろいでいくのだろ
う。

「松本民芸の椅子は素晴らしいですねえ!」と、駐車場の受付を
している中年の女性に話しかけると、「私たち庶民には手がでな
いですよ~」と笑っていた。

そうだろうか?

永く使えるもの、丈夫なもの、温かいもの、深いもの、思いやり
と優しさに満ちあふれているもの、、、これらはすべて、ひとの
こころに記された、こうありたいと願う<指標>と同じだ。西陽
のあたるアトリエ、ゆらゆら揺れるボストンロッカーに座り、英
国のミステリー小説でも読んでみたいと思う。そう、<松本民芸
家具>の椅子には、それだけの、物語がある。


HOBO

コメント

ウィンザー
こんばんは、いま店を閉めました。松本民芸の椅子はそんなにいいですか?うちも入れ替えようかな。
  • 2014-10-02│22:54 |
  • マスター URL│
  • [edit]
マスターへ
お疲れ様デス。
いまどきハケ塗りラッカー、カンナ仕上げの家具屋はないと思いますねえ。
手作りの工程がおおいので柔らかいんですよラインが。
店の椅子はここにお願いすることになると思います。
アメリカ寄りのモデルが特に気に入りました。
  • 2014-10-02│23:12 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
今は世間が北欧よりですんで、いいですねウィンザーチェア。オイルよりラッカーがいいんですか?私も一脚欲しいです。
  • 2014-10-02│23:28 |
  • そんなもんこ URL│
  • [edit]
そんなもんこさんへ
そんなもんこさん、いつもありがとうございます。
おっしゃる通り、北欧ブームです。それだけで興味が失せてしまいます。

オイルかラッカーか、というより、材の性質にもよりますね。ウォルナットのように最初から色のついた、木目のいい材料はオイルもいいと思いますが、ウィンザーチェアは着色してからラッカーで仕上げるというのが古くからの工法です。ちなみに、ウレタンはいただけません。

新品から育てる、そんなふうに考えるなら、松本民芸のウィンザーチェアは世界一かも知れませんよ。
  • 2014-10-03│08:50 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
ホーボーさんおはよう!新品から付き合える松本民芸の椅子が本気で欲しいです。個人的意見でいいのです、なにがおすすめ?
  • 2014-10-04│09:57 |
  • そんなもんこ URL│
  • [edit]
そんなもんこさんへ
おはようございます。

購入希望であれば実際に見て座って決めたほうがいいです。

あくまでも僕の個人的な意見はありますが参考まで。松本民芸家具の商品名です。
<W.B型アームチェア>、<EA型ウィンザーチェア>、<ホィールバックウィンザーチェア>、<スピンドル大キャプテンチェア>、この椅子は僕が購入しょうと思い、店のスタッフと相談中のもの。じつは、もうひとつ極めつけの椅子があるのですが、それはごめんなさい、内緒デス。笑

タンスはイメージが重すぎて好きになれませんが、ウィンザーチェアは他にもたくさんありますよ。病みつきなるのでご注意を!

  • 2014-10-04│10:48 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
いいですねぇ、、
手作りの椅子。

  • 2014-10-04│14:20 |
  • ほしの子供 URL│
  • [edit]
ほしの子供さんへ
ほしの子供さん、はじめましてでしょうか?
なんといいましょう、椅子がいいというか、椅子のある暮らしがいいです。
そしておっしゃるように手作りであれば、なお、温かいです。
  • 2014-10-04│17:27 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。