スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り戻すものがあるんだ。

最近はあまり行くことがなくなりましたが、仕事が絶好調だった
とき、そうですねえ、4~5年前まででしょうか、よく<ハロー
ワーク>に行ってましたよ。えっ?仕事が絶好調なのにどうして
ハローワーク?という声が聴こえてきそうですが、ハローワーク
は仕事が絶好調なときに時々顔をだし、刺激をもらう場所でもあ
るんですよ。へんなこというでしょう?

仕事が絶好調だと見失うものも多いんですね。どこか、こころが
有頂天ですから。収入もそうですが、人間関係なんかもうまくい
ってるように勘違いしがちなんです。ちやほやする人もおります
し、要するに<感謝の気持ち>を忘れてしまうんです。すべてが
当たり前になることが恐ろしい。ほら、アベ総理がいつも答弁で
言いますよね?「そんなこと当たり前じゃないですか!」って。
手探りだとそうでもないんですが、当然だと思うことのなかに、
いつも<あやまり>はあるものなんですがね。

ハローワークに行きますと、その盛況ぶりには驚きます。不景気
などありません。ぼくはいつも有頂天になりそうなとき、血眼に
なって仕事を探した<あの頃>を思い出すようにしていました。
「なんでもいいです!頑張って働きますから仕事をください!」
ハローワークに通う人たちはみんな真剣ですよ。それほど仕事が
うまくいってるわけでもないのに、ぼくは最近、ハローワークに
行き、感謝の気持ちを取り戻そうともしない、だから今のぼくは
ダメなんですよ。朝から夕方まで隅っこの椅子に座り、職探しを
する人の真剣な目と、面倒そうに動く職員の冷たい口元を見てま
すとね、曲がってた背中もシャンとしますよ。今のぼくはピュア
じゃなくなってる。お恥ずかしい話ですがね。

それともうひとつ、行って見たほうがいいところがあります。ぼ
くも最近気がついたんですがね。それはそれは、悲惨な光景です
よ。一度、どこか大きめの道の駅や高速のサービスエリアに行っ
てみてください。家を持てず、家を持たず、車の中で暮らす老人
の多いこと!ご夫婦もいれば、働き盛りの青年や若い女性なんか
もよく見かけます。新しいカタチのホームレスです。以前はおそ
らくアパートなんかで暮らしてたんでしょうが、なにがいったい
どうしたというのか、生きる張り合いもなにもない。25000
円も出せば部屋だって借りられるのに。彼らの心理はわからない
です。人間は今の環境に慣れてしまうと、それが楽になってしま
うイキモノです、ズルいですからね。自分はどうなのか?楽なほ
うに流されてはいないか?思うことの多い道なのです。

エアストリームという古いトレーラーハウスを知っていますか?
アルミだかジュラルミンだかでできたアメリカ製の夢のトレーラ
ーハウスですよ。あれなら住んでみてもいいと思いますねえ。グ
ランドワゴニアかなんかでそれを牽引するんです。中をカフェに
しましてね。旅をしながらカフェをやる。ぼくはもともと根なし
草ですから、そんな暮らしもいいのかな、なんて、考えることも
ありますよ。

来週、ハローワークに行ってみようと思います。取り戻してきま
すよ。


HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。