スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へんなの。

そのホテルはいつ電話してもフロントマンは、「残りひと部屋で
ございます。」という。「おいくらですか?」とたずねるとバカ
高いことをいってくる。2時間まえに電話をしたときも「残りひ
と部屋」といった。その倍の値段である。週末などを高く設定す
るのならわかる。やりかたがセコいんじゃないか?同僚が午前中
に予約をいれ12000円だと言われた。同じ日の夜行ったぼく
は同タイプの部屋なのに22000円といわれショックだった。
要するに同じ宿に泊まるのに、あるひとは12000円、あるひ
とは22000円。おかしな話だ。

じつはこのホテル、まえはそうじゃなかった。独禁法かなんかに
触れないのだろうか?納得できないなあ。同じ店で同じまんじゅ
うを100円で売ったり200円で売ったりしているようなもの
だ。



HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。