スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカチュウの憂鬱。

3年ほどまえに担当した生徒の母親から電話があり、志望校に入
ったはいいが、部活もやめ、学友ともなじめず最近はほとんど学
校にいかずひきこもっていると母も半べそ状態。いちど会ってア
ドバイスをしてほしいと言われた。アドバイスといってもぼくは
学習の仕方のアドバイスはするがカウンセラーではない。「本人
はいまいるんですか?」ときくと「おります」というので生徒と
電話で話をさせてもらった。2週間ほどまえのことだ。

この生徒のことははっきり覚えていた。ピカチュウみたいな顔を
した頭の良い女の子で中学の成績はオール5だったと記憶してい
る。たあいのないことを話したあとに「友達はできたかい?」と
訊くと、彼女は、「ひとりいたけどいまは、、、」と淋しい声を
だした。「はは~ん、そうか、、、でもね、大丈夫だよ!」とぼ
くが言うと彼女は「ダイジョウブ?って?」と不思議そうにして
いた。

彼女は成績は悪くないので勉強がいやで学校に行かないわけでは
ない。だいたい不登校は外ではなく家庭内、とくに親がその原因
であることが多いのだが今回の場合はそれほど根の深いものでは
ないと思う。それは彼女との会話と彼女の声の色でわかった。親
友との別れがショックだったのだろう。
「手紙を書くから!」というとピカチュウは、
「あ、はい、、、」と応えた。

・・・・・友達なんか追いかけなくていい。ぼくなんかひとりも
いない。笑
いいかい?ヒントはね、大好きなことを、なんでもいいから大好
きなことを見つけ、そのことに熱中してほしいんだ。
読書でもいいよ、音楽鑑賞でもサイクリングでも、なんだってい
いんだ。好きなことをやっていれば、君と同じことを想い、同じ
価値を抱いた友が必ず現れる。
君が君らしく輝けば、君にふさわしい仲間たちが寄ってくると思
う・・・・・

そんなことを手紙に書いた。

きのうピカチュウの母親から手紙のお礼の電話があった。彼女は
頓挫していたピアノをまた習いだしたという。そして学校にも行
き始めたことをきき、小躍りするHOBO。これは、自分自身に
あてた手紙でもある。



HOBO

コメント

No title
おはよう。
HOBOさん。すご~い♪
よかったですねえ!
  • 2014-11-06│08:42 |
  • 彼岸花さん URL│
  • [edit]
彼岸花さんへ
彼岸花さん、いつもありがとう!
この子もちょっとしたタイミングで立ち直ることのできる、ほんとは強い子なんですよ。
ぼくも彼岸花さんの応援をいつも立ち直りのチャンスにしています。呼び鈴のことなんですがね、京都か大阪のアンティークショップで同じタイプのをみかけたことがあります。彼岸花さんのやつみたいに程度はよくありませんでしたが、

いつもありがとうございます。携帯からいつもお邪魔してますよ~!
  • 2014-11-06│17:18 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-11-08│22:34 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。