スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安定の負け惜しみ。

きのう病院のロビーでばったり高校の同級生に会った。子供の見
舞いに来ていた彼女はかなり太っていた。一緒だったご主人はマ
ッチ棒のように細かった。
「おまえ、逸ノ城に似てきたんじゃないのか?」と彼女に言うと、
「逸ノ城って誰れ?」とマッチ棒にきいている。マッチ棒は、
「力士だよ。」と応えた。
「あ~、あいつね、めつきの悪いやつ!がはははっ!」と、病院
中に声を響かせた。
「そういうあんたも老けたねぇ、どっかのおじいちゃんかと思っ
たわよ!まじで!」と、すかさず反撃の逸ノ城だった。

たしかにそうかもしれない。いつまでも少年のようにいつも野球
帽をかぶってはいるがもう56になる。若いのは気持ちだけで、
そうなんだ、おじいちゃん、がっかりだな。
逸ノ城とマッチが隣の石づくりのカフェに行こうというのでつい
ていった。夕方から店舗物件を見に行く予定があるだけでとくに
断る理由もなかった。訊くとマッチは北海道庁に勤務、逸ノ城は
専業主婦だと言った。「息子は?」と訊くと「引きこもりからニ
ートに就職よ!」と、150キロの巨体を震わせ笑っている。そ
れにしてもよく笑うひとだ。ひとり息子がニートになり、いまこ
うして盲腸で入院している。彼女は息子が退院したら安定したと
ころに就職してほしいと言った。「安定がいちばんよ!」となん
ども言う。「最後はお金がものをいうのよ!」と繰り返した。

なるほどな。お金か、、、、。このふたりは隠居することを夢み
ていた。そろばんをはじき見事に逆算の道を歩いている。「あな
たはどうなのよ?」と訊かれたのでちょっと話をさせてもらった
・・・・・・
人間の生き方は人の数だけある。それでいいと思う。ただ、ぼく
は隠居を目標にする生き方は選ばない。ぼくは今がいちばんカッ
コいいと思っている。だから明日はもっとカッコいい。せっかく
輝く基盤が築けたというのに、じつはここからがいちばん差がつ
く折り返し地点。ギアを入れかえるときなのだ。
「このひと昔からこういうこと言ってるのよ!」と逸ノ城はマッ
チに言った。マッチは、「いいんじゃないかなあ、憧れるよ、そ
んな生き方、、、、」と言った。「なに言ってんのよ!あなたは
お金さえ入れてくれたらそれでいいの!私は安定と結婚したんだ
から!」と言いはなった。「たまったもんじゃないですね?」と
マッチに言うと、「そうなんですよ、」と、苦笑いのマッチであ
る。「だいいち、輝く輝くっていうけど私たちもう60ちかいの
よ、どうやって輝くっていうの?」と逸ノ城。
「ただのオンボロになるか、ちゃんとしたアンティークになるか
のちがいだよ、わかんないだろう?君には。」
「アンティーク?」

大金持ちはセンスがないんだよ。なんでも買えちゃうから吟味す
ることをしない。中途半端な金持ちはケチくさいし。だから苦労
を知っている人ややっとの思いで貯蓄に成功した人は意義のある
チョイスをするんだよ。後悔したくないからね、だから勉強もす
る。それと、、、、
<センス>とか<感性>は磨けば磨くほど光るんだ。だからぼく
はお金持ちよりセンスのいい人になりたい。センスのある人はち
ゃんとアンティークになる。古くなればなるぼど輝くんだ。オン
ボロにはならない。

「そんなもんですかねぇ、、、」と言いながら逸ノ城はトイレに
向かおうと席を立った。マッチはぼくの耳元で「その通りだと思
います。」と囁いた。



HOBO

コメント

マッチさんがかわいそう!
  • 2014-12-21│23:15 |
  • そんなもんこ URL│
  • [edit]
そんなもんこさんへ
アンティークは基本的に一点物ですから
それが気にいれば大金をだしてでも手にいれたいという人がいます。
唯一というやつです。
オンボロはただのオンボロなんですがね、
オンボロもいいんですよね、哀愁があって。
カネはあったほうがいい。貧乏人のひがみです。笑


HOBO
  • 2014-12-22│04:28 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。